スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  -

お久しぶりね。

どーも、たいへんお久しぶりです忍です。

あれですね、最近書いてないな〜ぐらいに思っていたら、2年ほど経っていたようで。

たまにチェックしてくださっていた稀有な方、たいへんありがとうございます。

検索でひっかかって来てくださった方、ご縁がありますね。にやり。

昔からですが、うちの検索ワードのトップはいつも「悲劇 喜劇」とかです。そういえば昔そんな話も書きましたな〜

この度色々ありまして、別の場所に文章を書くことにいたしました。現在お腹にエイリアンを飼っておりますのでそちらの話がメインになると思います。そちらもよろしくお願いいたします。暇つぶしにでもどうぞ。

↓はてなにしてみました。
http://mugwump.hatenablog.com/


Color of Life

泳げない筈なのにね

気づけば海の中に居た

水面から太陽の光が溶け出す


浮遊感


鼓膜から脳に響き続ける重低音

それのみで世界と繋がっている



これはあの時の風景

気づけば一本道に立っていた

田園を割くようにのびた直線


空虚感


「まっすぐな道でさみしい」

かの俳人が耳元で囁いた



何処に居たって一緒

何をしたって一緒

君は絵の具をなくしてしまった

何を考えても一緒

どうなっても一緒

私は鞄をなくしてしまった



Color of Life

キャンバスを抱えて眠る



井上と上原でできた前田です。

どうも、こんばんは。毎日が日曜日! でお馴染みの忍です。でもそんな生活が続くわけがなく。仕事が決まりました。今までとはちょっと違うけど、今までの経験もまあまあ活かせそうな業種です。専門職だけれども転勤があるかもです。まだ自分でも働いてみないとよくわからないんですが、なんか面白そうな仕事です。何しか新ジャンルに挑戦です。頑張ります〜詳しいことは働いてみてからまた書くことにしますね。しんどそうやけど楽しみ〜


皆さん、自分の戸籍謄本ってちゃんと見たことあります? 今日父がおもむろにうちの戸籍を見せてくれたんですけどね、あれ面白いですね。うちにあったのが、祖父の祖父の代ぐらいまでの戸籍なんですけど、見ても頭がこんがらがるだけやからと言って、以前父は解読するの諦めたらしいんですよ。もともとうちの祖母が養女で、祖父が婿養子に入ったために、うちら前田家に前田の血をひいてる者はいないという話は聞いてたんですが、真剣に戸籍を読んでみると出てくる出てくる疑問の数々。もう謎だらけでした。以下、私と父の会話です。

忍「なあなあ、この人嫡子で次男やのになんで『七郎』なん? 六郎とかはどこ行ったん?」
父「そんなん俺や知らんわ。あれ? これの通りやったらこの時ここに前田と坪井さんっていう人が一緒に住んどったことになるで?」
忍「坪井さんって誰?(笑) こっちの人は父と母の名字が違うで? 何で?! てか養子と養女多すぎん?」
父「こっちの『婦』て何や? 『妻』じゃなくて『婦』って何や?!」
忍「……てかお父さん。」
父「?」

忍「これの通りやったら、お父さんには

『静江さん』っていうお姉さんがおることに

なるで。」


父「……聞いたことないで!!」

っていうね。なんか衝撃的な事実が出てきたりしてすごく面白かったです。特に祖母の経歴が、戸籍から読み取れる情報だけみても、なんか波乱万丈っぽいんですよね。その謎の『静江さん』の母欄には養女になる前の祖母の名前が書いてあるんですけど、父欄にはなぜか名前がないんですよ。そして『静江さん』は生まれたその日に亡くなってるので、いわゆる死産的なものかもしれないです。でもそういう場合、名前をつけて戸籍に残すものなんでしょうかね? 特に70年も前の時代に。さらにその半年後、祖母は前田と養子縁組して前田家の養女になり、その半年後祖父を婿養子として前田家に迎え入れ、さらにその半年後に長男(父の兄)を出産していました。

……なんか、おばあちゃん大変だったんちゃうん? いや、もう今となってはわからんけど。 

状況が今とは全く違うんでしょうね。自分の子をポンポン養子に出したり、奥さんが亡くなったりしたらその妹を次の嫁にもらったりする時代ですもんね。いくら考えても実際どうだったのかなんてもう分かりようがないことですし、結局二人で「もうえっか〜!」っつって放棄しました。考えても無理。でも自分のルーツを探るのは意外と面白い。それだけのことです。皆さんも機会があれば是非探ってみてはいかがでしょうか?


↓父と暮らし始めて1ヶ月、妙に競馬に詳しくなってきています。だって毎週末競馬中継を観ているんだもの!

初心者でも金。

どうも。同情するなら金をくれ、でお馴染みの忍でございます。ハローワークの担当がえらい優しい方で、今回のコトの成り行きを話してるうちに二人して泣き、励まし合う結果に。今のところ、人並みに稼ぐ生活から元の極貧生活に逆戻りさ。しかし私は前を向いて歩いていくのさ。


そうそう、『金』つながりでもう一つご報告が。今日やっと免許センターに行って免許もらってきましたよ! そしたら驚いたことに…



取りたてのくせにゴールド免許っていうね。もらった本人がびっくりしたわ。これ、原付の期間が引き継がれるんすね。今まで持ってた免許が青色やったんで、余計にびっくりですよ。大丈夫か? 県警よ、私を優良運転者に認定して大丈夫か?


地元での生活も意外と楽しくやっております。先日父に、「ところで、お前みたいに『都落ち』したやつはどのぐらいおるんや?」と聞かれ…

いやいや、あなたのために帰って来たと言っても過言ではないのだけれど!

何かわからんけど「うぐっ」ってなるし。

などと色々な感情を抱きつつも、なんだかんだで楽しくやっております。


そして、あらゆる薬を試したのにいっこうに効かなかった手の皮膚炎に、『オロナイン軟膏』を塗ってみたら何でか治りつつあるという事実。私の中で、「オロナインとオールインワン化粧品は最強」説が固まりつつあります。何者なのかはようわからんけど、オロナインやりおる。おススメです。

ということでね、なんか文章が雑然としてますけど今日はこのへんで。また近々書きます。皆さんお達者で〜

明けました。

どもども、明けましたようで。めでたいらしいですよ。今年もどうぞご贔屓に、でおなじみ忍でございます。


そんな稀有な方がいらっしゃるかわかりませんが、更新を待ってくださってた方には申し訳ありませんでした。年末は引っ越しやなんかでもうバッタンバッタンしておりまして。そして、忍はいよいようどん県での生活を始めております。


実は現在ネット環境がありませんでして。iPhoneちゃんで長文を打つと人差し指がつりそうになりますので、ネット開通を待ってたんですが、しばらくかかりそうなのでとりあえずご報告だけ。今まさに人差し指がやばいです。嗚呼〜 キーボードが恋しい。


ということで、引っ越しもギリギリ無事に終わり、父との生活も始まっております。私は元気です。そして何故か近々iPhone5に替えるかもしれません。父に4を譲る計画です。スマホデビューしろ! 父!


あ、ちなみに丸亀製麺は兵庫県発のうどん屋らしいですよ。うどん県トリビア。ではまた近々!

今日は何の日?

ひゅ〜高速教習楽し〜〜♪ 最近長崎にいることに何の違和感も感じなくなってきている忍ですこんばんは。決められた通りに授業や実習をこなして、友だちとごはんを食べて、一日がそれで普通に過ぎていくのです。これでいいのか28歳。のん気か。佐賀在住の友だちができました。



早めに学科が受かって、スケジュールもかなり空いてしまったので、以前書きたかったのにバタバタしてて書けなかったネタを今のうちに書いておきます。以前からですね、私、友だちと政治の話をすると、わかったふりしてまるで見当違いのことを言ってた、みたいなことが多々あるらしいので、言及すると恥かくだけなんで、一切ブログでは政治の話はしないことにしているんですよ。んがしかし、2週間前ぐらいだったかな? TVタックルで大竹まことさんがある動画の話をしてまして、「あっ私も同じこと思ってた!」っていうことがあったので、とりあえずその動画だけ紹介したいと思います。皆さんももう観たことあるかもしれませんが、TEDのかなり有名なプレゼンです。言語選択で日本語を選ぶと字幕もつきますんで。TED知らない方はググってみてくださいませ。

↓ シーナ・アイエンガー:選択をしやすくするには



TVタックルでは、「政党の数が多いと国民は選べないんじゃないの?」的な大竹さんの発言に、他の評論家の方々が「いやいや、政党数が多いと投票率は上がるということは統計上はっきりしてる」的な返しをしていて、大竹さんが「じゃあ俺が観たのはなんだったんだ?!」とヒートアップされてたのを記憶しております。私の曖昧な記憶に頼るしかないので、もし違ってたらすいません。責任はとりません。

私としては、「政党数が多くなるほど投票率が上がる」ということに対しても「ほんまにそうなんかいな?」という感じなのですが、それを置いといてもですよ、特にシーナさんが中盤におっしゃっている部分が、今回の選挙に当てはまるんじゃないか、ということにすごく興味があるんですよ。国民は果たして、今回の選挙で自分にとって有利となるような、最善の選択ができるのでしょうか? 「カット」「具体化」「分類」「難易度になれさせること」などをした上で、選挙に臨む国民が何割いるのでしょうか? 楽しみでしょうがないんですよね〜


加えて、もう一個動画を紹介しておきます。同じくTEDの有名なプレゼンです。

↓ ダン・アリエリー:我々は本当に自分で決めているのか?



合理的な選択をするのがどれほど難しいことか。自分をコントロールするのがどれほど難しいことか。何モノにも惑わされずに、自分だけで選択したなんてどうして言えましょう?


あえて聞きます。あなたは自分にとって最善の選択ができていますか?




途中経過。

テステス。えーと、一応一発で仮免もらえました忍です。実車がよ、たぶんギリギリだぜ。学科は全く何の問題もないぜ。


……と、とりあえずよかった〜〜〜


しかし『みきわめ』段階に入った途端に、なんてことなかったS字で乗り上げるなんて、どうかしてるぜ。一個弱点をクリアしたらまた一個できてたことができなくなるなんて、どうかしてるぜ!


はい、着々と疲れがたまってきておりますので今日はこのへんで。あ、愛しのアイフゥォ〜ンちゃんがちょっと最近調子が悪いので、もし繋がらなかったらごめんなさい。今のところ大丈夫です。

あっあと、長崎いいとこ一度はおいで〜


平田さんと横尾さん、あとお稲荷さんも。

こんばんみ〜絶賛放浪中、忍です。やべ〜すね、時間があるとほんとに色々書きたくなりますね。



まずはですね、皆さんの興味の有無とは関係なしに、前回の続きを書きますよ。後日何回かそのおじいちゃんから電話がありまして、ややこしいのは困るので出ないでほっといてみたんですけど、そしたら家の電話からかけてきはりましたよ。「怒ってる?」言うてね。めっちゃ謝られた上に、「お金に困ったらいいや?」とか「保証人やったらなったるから」とか、頼んでもいないのに自分からおっしゃる始末ですよ。挙句の果てには「引っ越し手伝ったるから」ってさ……

おじいちゃん、脳梗塞で倒れた後遺症で、左半身麻痺してるでしょうが!!

そんな人に頼めるかい! そもそもさ、何なのこの展開。勝手におじいちゃんを手玉に取ってるみたいな構図になってるんですけど。どうしたらいんすか? てかさ〜〜〜〜

なぜこういう現象が同年代の男性に起こらないん

ですか??


70代の男性にモテたところで、50年遅いんですよ!!!


はい、嘆いたところで、最近観たもののことを一気に書いていきます。まずは映画ですね。神戸アートビレッジセンターで『演劇1』『演劇2』を続けて観てきました。平田オリザさんという超人を主体に撮ったドキュメンタリーです。平田さんは劇作家・演出家・小説家・大学教授・内閣官房参与までこなす超人です。めちゃくちゃです。彼と彼の主宰する劇団・青年団を主に撮っているんですが……彼の演出をリアルに体験している錯覚におちいりました。私は知りませんでしたが、青年団という劇団は、「全部即興じゃないの?」と疑われるぐらい動きやセリフが自然で有名なんだそうです。しかし、それは0,何秒という単位でのセリフを発するタイミングや、微妙な声のトーン、それらを緻密に調整して調整して積み重ねて積み重ねて、その結果できたものなんですって。気が遠くなるわ。でもそれを体感できたのは、ものすごい貴重な経験でした。プラス、平田さんの考える『演劇論』もすっと入ってくるので、演劇の『入門書』として観ても面白いかもしれません。『演劇2』のほうに出てくる『ロボット演劇(!)』も、字面だけ見ると「はぁ!?」って感じですが、それを観てからだと妙に納得できちゃう不思議。確かに、将来あらゆる細かな表現がロボットで可能になるとすれば……? 演じるうえで、人間の感情は絶対に必要……?


長くなってしまったので、後は軽めにいきます。次は横尾忠則現代美術館で行われている『開館記念展機_H忠則展 反反復復反復』です。これも面白かった! 思ったより規模は小さめでしたけどね。横尾さんは思わず笑っちゃう作品が多いんですよね〜普通の絵かなと思ってた作品がよく見るとめちゃくちゃコラージュしてあったりしてね。あと、ざっくり描いてる作品も好きなんですけど、ポスターの緻密でリアルな描写はもっと好きです。あとね、これが一番言いたいんですけど、横尾さんモーツァルトいじりすぎね! なぜモーツァルトに固執するのか。『モーツァルト369』って、弥勒菩薩のことかよ! 心の中で思わずつっこんでしまいましたよ。


あ、最後は京都の伏見稲荷大社です。千本鳥居は確かに圧巻でした。しかしね、全部の社を回ると山頂に達するという、もはや登山じゃんというルートでね、ダウン着てたから暑いのなんのって。そして下山時は膝の震えが止まらなくてね。ゲラッゲラ笑ってましたね、膝がね。そんな苦労して、あれだけ社回ったんですから、ご利益もきっとあるはず……おもかる石はめっちゃ重かったけど。あれ軽いと思う人いるの?! ねぇ?!


ということでね、ちょこちょこ放浪してるわけですが、今度はあれですよ、12月の上旬には免許合宿ですよ。行先も決めました! 九州です! 長崎です!! さぁ〜〜果たして友だちはできるのか? なにより仮免とおるのか!? わからん! 不安! こうご期待!!


あれ…?私夜の仕事してたっけ…?

こんばんは、人生でこんなことあるの?的な現象に突入しております忍です。仕事辞めてもフツ〜〜〜!むしろ仕事してないのが日常みたいになってきてる〜〜〜!!これじゃあかん気がする〜〜〜!!!自分の頬を平手打ちして、身を引き締めてまいりたいと思います。


実はですね、仕事辞めるということをお知らせした時に、患者さんからありがたいことにたくさん『送別会』のお誘いをいただきまして、それはもう「食費浮くじゃん!」ということでほとんどお受けしてるんですが、なんだか思ってた以上に贅沢な食事ばかりさせてもらってます。一週間でエスカルゴにフォアグラにふぐに肉に、一気に食べる期間が訪れるとは思ってなかったっす。胃も私も「??」ってなってます。なんなの?これって何現象っていうの?てか、これ普通?人生で一度はみんなこんな時期を経てきたわけ??

あと、年配の男性の患者さんが多いんですけど、ご飯食べた後デパート寄って、「好きなの買っていいよ」っつって服買ってくれるんですけど、これも普通?今年の冬物、揃っちゃったし。わ〜い。


ほんでここからが本題ですよ、ある70代のおじいちゃんなんですけど、一緒にお昼ご飯食べて、お茶して、服買ってもらって、私はその日の夜に予定が入ってたのでそのまま駅までお送りしてお帰ししたら、次の日ですよ、

「なんで俺のために1日予定あけといてくれへんのや!常識がないんか!!」

っつって電話でえらいキレられたんですけど、これってどうなんですか?私、非常識なんですかね?いや、実際非常識な人間であるってことは自覚してるんですけどね。とりあえず、謝ったんですが、本音としては…、

「私はお前の何なんだい…?」と。

キャバ嬢と客の恋愛ゲームか?これは。いや、このところね、いいのかな〜と思いつつお誘いはありがたくお受けしまくっていて、別段深く考えてなかったのも悪いっすね。餞別のお返しは香川に帰ってから送ろうと思ってたので(うどん)、後でいいやと思ってたのもまずかったのかしら。というかね、このおじいちゃんの言い分って、「俺はこんなにしてあげてるんだから、もっと丁重にもてなせ」ってことでいいんですかね?でもさ、70代のおじいちゃんと2人でさ、お昼食べて、喫茶店でお茶して、買い物する以外に、1日何するよ?思いつかないよ。そしてそもそもね、

恩に着せられるぐらいなら、ご飯も服もいらない

です。


すいませんけどね。このところ私も慣れないことし過ぎたな。そのうち刺されるんちゃうかな(笑)まぁもしニュースにでも出たら笑ってやってください〜




↓前回貼ったけど、ほんと中毒性あるわ〜アーバンギャルド。歌詞書いてるの、女性ヴォーカルの方かと思ってたけど男性ヴォーカルの方でした。苦手な人多いかもね、特に男性。ギターの人かっこいい。

No side! No!

あ、こんばんは。ニート忍です。無事?退職しまして、ロゥングブゥァケイシィョンに突入しました!めでたい!めでたいか?うん、めでたくはないか!


上司さんとはケンカ別れしそうでしたが、最後に気を使っていただきまして、退職の日にはフレンチのディナーに誘っていただきました。前菜がくる前に二人とも泣きながらプレゼント交換するというなんだかシュールな展開があり、その後はワインを飲み飲みお互い胸の内を明かしたので、思ったよりはひどい最後にはならなかったです。しかしね、私と上司さんがどれだけ深く話し合ったところで、あの職場の問題の根本的な解決にはならないということもわかったし、「今までのことは忘れよう!No side!」なんてわけにはいかなかったですね。ほんともう、潮時だったのだろうと思います。


しかしさ、それよりさ、最後の日にさ、一人で持てないぐらいプレゼントもらったりさ、わざわざ会いに来てくれたりさ、「大阪に戻ってきて!」って言ってもらったりさ、予約びっちり埋まったりさ、そういうのがほんと、くるよね。グッとね。こんなに皆さん寂しがってくれるなんて、なんて自分は幸せ者なんだろうと思いました。ただの一介の柔整師にさ、こんなに良くしてくれるなんてさ〜もうさ〜うわ〜ん!!ほぼ一日泣きながら施術してたぜ。


ということでね、大阪での仕事は一旦終了です。実は先日、子宮頸がんの検査でひっかかっちゃいまして、今精密検査の結果待ちしてるんですよ。その結果次第なんですけど、大丈夫とわかるまでは関西でやり残したことを一つずつ片付けていきたいと思ってます。とりあえず明日は神戸に映画観に行ってきます!今後はもう少し頻繁に更新していきますので(暇だし)、よろしくお願いします〜



↓ほとんどの動画が埋め込み禁止になってた…気になったら他のPVも観てみてください。なかなかのアヴァンギャルドっぷりですから。

| 1/15PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

profile

comment

trackback

links

mobile

qrcode

recommend

others

無料ブログ作成サービス JUGEM