スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  -

イッパイアッテナ。

お久しぶりです〜忍です。前の更新から2ヶ月ぐらいあきましたな。なんかね、もうね、凡人は凡人なりにさ、出来事が色々あってな〜。イッパイアッテナ〜。


まずは学校ですよ。来年の国家試験に向けてさ、この4月から毎週毎週テストですよ。もうね、学校サイド、合格率上げるために生徒のケツ叩きまくってます。痛いから!あんまり痛いと、走る気力なくすから!と思いながら、まぁマイペースにやってます。いつの間にか、友だちにものすごいライバル視されてるのはなんでだろう?自分の敵は自分だと、私は思うんですけどね〜


次は、GWに東京に進出してきたよという話。Fっち〜お世話になりました☆出発前、ガンガン原発のことが報道されてる時期だったこともあって、「今行かんでええやん」とか「わざわざ(放射能を)浴びに行くの?」とか、関西ではさんざん言われましたけどね。東京が今どういう状況なのか、この目で確かめたいというのもあって、行ってきました。んで向こうに行ってみて一番感じたのは、関西と関東の『温度差』ですね。おそらくですけど、原発関連のトピックにおいて、報道のされかたが微妙に違うんじゃないかなと。

これは旅行の前の話なんですけどね、全国区のバラエティー番組を見てたら、国民的なアイドルグループの1人が、原発の事故の後で、自分にできることは何か、みたいなテーマで話をしてたんですよ。その人は、「産地が福島近辺の食品を見つけたら、それを買うようにしてます」というようなことを言ってて。そしたら他の出演者の人も「それは大事なことですね」みたいな賛同するコメントをしてたんです。その場面が妙に心に引っかかってて、よくよく考えてみたんです。そういえば、関西の番組でこういう発言をしてる出演者を、見たことがないな〜と。うまくは言えませんけど、ニュースでもバラエティーでも、実際の生活でも、『そういう空気』になる場面を私は知りません。

未だかつてない事故ですから、何が『正しい情報』で何が『風評』なのか、判断するのは難しいですけど、大阪に住んでいる者から見て、東京の人たちのあの時期の落ち着きっぷりには、だいぶビックリしました。そういえば、この問題に関しては、日本と諸外国でも受けとめられかたに『温度差』がありますよね。一体、どのスタンスでいるのが正しいんでしょうね?さらに言えば、何をもって『正しい』とすればいいんでしょうね?


さらにさらに言えば、原発自体についての報道が最近減ってきているのもなんかやな感じがするし。とか言ってるとキリがないのでもうやめときます。とか言ってたら話が長くなったので今日はこの辺で。続きは後日。


↓The Prodigy。黒人の人、かっこええ〜♪白人の人、髪型変〜♪

スポンサーサイト

-  -  -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

profile

comment

trackback

links

mobile

qrcode

recommend

others

無料ブログ作成サービス JUGEM