スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  -

人並みに稼ぐ。

こんばんは〜久しぶりの登場、忍です。突然ですが、私今、人並みに稼いでおります。やっと、やっとだよ。普通に公務員になって安定した生活を送ってくれるだろうという両親の期待を見事にぶち破り、ワークングプアとして、はたまた貧乏専門学生として生活してきたこの5年間。失ったものは数知れず。えぇえぇこの際言いますが、友人の結婚ラッシュの時期に二次会を断り続けたのは、仕事が忙しくて出づらかったのも理由の一つですが、本当の、一番の理由は、

金が無かったからだよ…!!!

か、悲しい。自分で書いてるのにやるせない気持ちになってきた。はぁぁぁここまで長かった〜長い道のりだった〜ということで、今やっと一人で普通の生活が送れるようになりました。まだここ1ヶ月ぐらいの話だけど。で、やっとガンガン外出られるぜ!遊べるぜ!ってなった頃にはだいたい皆家庭持っててなかなか遊べないという事実。土日も仕事だという事実。盆正月しか連休がないという事実。

…どうも皆のいる大通りから外れて、一人裏通りを歩いているような気がしてきましたが、それはともかく今日はHIPHOPのお話をします。またかよとお思いか?まただよ!

さてさて皆さん、ラップが度を超えた場合、どうなると思いますか?ということでまずはこちらをお聴き下さい。

↓もはやHIPHOPなの?と言いたくなるような何か。でもなんかすごい。


はい、答えは『ポエトリーリーディング』、詩の朗読になる、でした。若干自由すぎる気もするんですが、韻も踏んどるし、リズムにもあっとるし、ラップはラップなんですよね。6連符(3連符?)で刻んでるところが多いからか、なんか独特の雰囲気を醸し出してますね。抑揚のつけ方が朗読っぽいのかしら?ちなみに、この『志人』という人のライブの映像も見ましたが、なんでしょう、若干スピリチュアル系といいますか…うかつに入れないような空気感が漂ってます。でも曲はすごいのが色々あるんだよな〜

最後に、私が勝手に、この『志人』というアーティストの最高傑作じゃないかと思っている曲を置いていきます。もうね、映像との融合がすさまじい。映像には、1970年代にルネ・ラルーという人が作った『ファンタスティック・プラネット』というアニメを切り貼りして使っているみたいです。もうこれはね、曲というより、作品という感じ。なぜこんなものが作れるのかが不思議。

↓ダークなのが苦手な人は、閲覧注意です。


次はもうちょっと早めに更新できるように頑張ります〜

スポンサーサイト

-  -  -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

profile

comment

trackback

links

mobile

qrcode

recommend

others

無料ブログ作成サービス JUGEM