スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  -

今日は何の日?

ひゅ〜高速教習楽し〜〜♪ 最近長崎にいることに何の違和感も感じなくなってきている忍ですこんばんは。決められた通りに授業や実習をこなして、友だちとごはんを食べて、一日がそれで普通に過ぎていくのです。これでいいのか28歳。のん気か。佐賀在住の友だちができました。



早めに学科が受かって、スケジュールもかなり空いてしまったので、以前書きたかったのにバタバタしてて書けなかったネタを今のうちに書いておきます。以前からですね、私、友だちと政治の話をすると、わかったふりしてまるで見当違いのことを言ってた、みたいなことが多々あるらしいので、言及すると恥かくだけなんで、一切ブログでは政治の話はしないことにしているんですよ。んがしかし、2週間前ぐらいだったかな? TVタックルで大竹まことさんがある動画の話をしてまして、「あっ私も同じこと思ってた!」っていうことがあったので、とりあえずその動画だけ紹介したいと思います。皆さんももう観たことあるかもしれませんが、TEDのかなり有名なプレゼンです。言語選択で日本語を選ぶと字幕もつきますんで。TED知らない方はググってみてくださいませ。

↓ シーナ・アイエンガー:選択をしやすくするには



TVタックルでは、「政党の数が多いと国民は選べないんじゃないの?」的な大竹さんの発言に、他の評論家の方々が「いやいや、政党数が多いと投票率は上がるということは統計上はっきりしてる」的な返しをしていて、大竹さんが「じゃあ俺が観たのはなんだったんだ?!」とヒートアップされてたのを記憶しております。私の曖昧な記憶に頼るしかないので、もし違ってたらすいません。責任はとりません。

私としては、「政党数が多くなるほど投票率が上がる」ということに対しても「ほんまにそうなんかいな?」という感じなのですが、それを置いといてもですよ、特にシーナさんが中盤におっしゃっている部分が、今回の選挙に当てはまるんじゃないか、ということにすごく興味があるんですよ。国民は果たして、今回の選挙で自分にとって有利となるような、最善の選択ができるのでしょうか? 「カット」「具体化」「分類」「難易度になれさせること」などをした上で、選挙に臨む国民が何割いるのでしょうか? 楽しみでしょうがないんですよね〜


加えて、もう一個動画を紹介しておきます。同じくTEDの有名なプレゼンです。

↓ ダン・アリエリー:我々は本当に自分で決めているのか?



合理的な選択をするのがどれほど難しいことか。自分をコントロールするのがどれほど難しいことか。何モノにも惑わされずに、自分だけで選択したなんてどうして言えましょう?


あえて聞きます。あなたは自分にとって最善の選択ができていますか?




スポンサーサイト

-  -  -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

profile

comment

trackback

links

mobile

qrcode

recommend

others

無料ブログ作成サービス JUGEM